介護老人福祉施設 和久楽

介護老人福祉施設 和久楽 025-544-2525
トップページ お問い合わせ
ぬくもりが感じられる、優しい空間へ。

“和久楽”という名の由来
施設外観

冬の浜茶屋  「和久楽」は上越市(旧直江津)・五智国分寺の近くの日本海に面した高台に位置しており、旧割烹旅館「わくら楼」の跡地に建設されました。
 「わくら楼」の歴史は嘉永元年(1848)、能登・和倉の湯を舟便で取り寄せ、わかし湯屋を営んだことからはじまります。
 以降、越後府中の割烹旅館として皇族・文豪・国分寺の参拝者に利用され、近年まで営業しておりました。
 この跡地に介護老人福祉施設を建設するにあたり、昔からこの地域の皆様に親しまれている「わくら」の名をぜひ残したいと考え、『和やかに(和)ずっと(久)たのしい(楽)くらしを』との願いで「和久楽」を命名しました。

---
関連施設
外観写真
社会福祉法人 えちご府中会 本部
外観写真
ケアハウス至徳路
外観写真
介護老人保健施設 国府の里
外観写真
上越五智養護老人ホーム